旅する森と、木の暮らし。

旅する森と、木の暮らし。│MORiP!

日本三大美林「秋田杉」をめぐる秋田観光へGO!

日本三大美林にも選ばれている秋田県の銘木といえば「秋田杉」!

一度は見てみたい天然の杉ですが、秋田県内で秋田杉に出会えるスポットはどこにあるのでしょうか?

大自然や美味しいものがいっぱいの秋田観光と合わせて、ぜひ訪れてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カラマツ:知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、日本で唯一の落葉する針葉樹「...

ケヤキ(欅):知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、日本の広葉樹の代表格とも言える「...

あなたの地域の木はなに?47都道府県の木

各都道府県のシンボルの一つとして、「都道府県の木」が定められているのを知っていますか? また、あな...

森林浴発祥の地!長野県・赤沢自然休養林でしたい6つのこと

森林浴発祥の地”であり木曽桧の美林が広がる、長野県の人気スポット「赤沢自然休養林」。 木曽路の...

木の産地ってどこ?都道府県別に見てみよう

野菜や果物の産地、漁獲高の高い港など、農業や漁業の「産地」って何となくイメージがありますよね。 ...

木材に表裏があるって知ってた?~木表と木裏のはなし~

突然ですが、木材にはオモテとウラがあるって知ってますか? 普段生活していても気が付かない、建築...

大阪から日帰りで行ける、高野山森林セラピーとは?

近年、全国に増えている森林セラピー®基地。 森林をフィールドにして、日常から離れてリフレッシュ...

ミズナラとコナラ:知っておきたい日本の木材~特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、広葉樹の中でも身近に利用され...

水辺が近い奇跡の森!「奥入瀬渓流」の楽しみ方

青森県にある、新緑や紅葉の絶景で知られる森旅スポット「奥入瀬渓流」。メディアにもよく登場するので、一...

日本最古の人工林「歴史の証人」下多古村有林に行ってきた!

日本各地の林業のモデルとなった、吉野林業。 その発祥の地と言われる奈良県川上村には、なんと日本...

無垢材と新建材の違いは?フローリングで比較してみました

私たちが毎日生活する床の上。日本の場合は、家の中では靴を脱いで生活することが多いので、素足で直接床に...

渡ってみたい!日本にあるユニークな木造の橋6選

いろいろなテーマで巡るのが楽しみな森と木の旅、モリップ。 今回は、一度は見てみたい、渡ってみた...

木材の「赤身」と「白太」って何?その違いとは

木材の部位には「赤身」と「白太」があるって聞いたことありますか? 赤身と白太とは、何が違うので...

高野山の林業を代表する「高野六木」とは

日本のブランド木材には、○○杉といった1つの樹種だけでなく、地域を代表するいくつかの樹種がセットで地...

荘厳な森へモリップ!高野山金剛峯寺奥の院の旅

高野山真言宗総本山である金剛峯寺(和歌山県伊都郡高野町)。 あまりに有名なこの聖地に、奥の院(...

スポンサーリンク

観光の発着点、秋田空港で秋田杉を発見!(秋田市)

まずは秋田観光の玄関口、秋田空港(秋田市)に到着です。

日本海側にある秋田の冬は悪天候が多く、着陸できないこともたまにありますが・・・この空港には、ぜひ見ておきたいものがあります。

それは、空港ビルの中にある、秋田杉で作られた素敵な木の空間です。

到着してまず目に入るのが、荷物受け取り所に飾られた、巨大な秋田杉の切り株!

さすが秋田杉というだけあって、年輪は200年以上ありそうです。

そして、できれば空港ビル内もくまなく見ておきたいところ。

たとえば、2Fにあるショップには秋田県産のお土産がたくさん並んでいますが、棚などの什器が秋田杉で作られていて、あたたかみのある空間で心地よいお買い物ができそうです。

さらに、待合ロビーのシンボルにもなっている、秋田杉の大木をモチーフにした室内装飾も必見です。

天井まで突き抜ける秋田杉の幹に、天井には秋田杉独特のまっすぐな「柾目」という木目を使った、カラフルな照明がデザインされています。

ほかにも、手荷物検査場を通過したロビーにも、秋田杉柾目を使った美しい衝立などが飾られています。

至るところに秋田杉があしらわれた、木を感じる秋田空港。

どれもまっすぐ通った木目や迫力ある大木が利用されていて、秋田杉の美しさ、すごさを感じられますよ。

木都を代表する秋田杉建築「旧料亭金勇」を観光(能代市)

日本三大美林にも数えられる秋田杉ですが、そのおもな産地はどのあたりなのでしょうか?

それは秋田県北部、中でも「東洋一の木都(もくと)」と言われた能代市がメッカとなっています。

秋田空港から車で1時間半ほどの能代市は、かつて秋田杉の製材や加工でたいへん栄えた町です。

今でも幹線道路沿いに、数多くの製材所や木材市場が立ち並んでいます。

まさに、木の都です!

その能代市で必ず見ておきたい観光スポットが、街中にたたずむ「旧料亭金勇(かねゆう)」(国登録有形文化財)です。

これは昭和12年に建てられた木造の豪華な建物で、昔は料亭として使われてきましたが、平成21年に能代市に寄贈されました。

「秋田杉といえば天井板」として広く知られていますが、その秋田杉を美しくふんだんに使ったこの建物は、まるで秋田杉のショールームのような存在です。

特に有名なのが、1Fにある「満月の間」と、2Fの「大広間」の天井板です。

1Fの満月の間の天井板は、その長さなんと一枚9mの天然秋田杉!

これだけの長さの板を切らずに長いまま使った事例は、国内でもそうそうありません。

しかも、板のどこにも節が見当たらないのもさすが秋田杉です。

大きくてまっすぐな天然秋田杉の魅力を最大限に見せるため、長いまま山奥から森林鉄道に載せて運んできたそうです。

当時はこれだけ大きな板を製材できる機械がなかったので、製材職人が1枚につき3日間かけて鋸で(人力で)挽いたというのですから、いかに贅沢な板かがわかります。

また、2Fの大広間の天井板も天然秋田杉です。

こちらは、「四畳半仕切り格天井」といわれるデザインで、一枚が一畳もある巨大な板を、4畳半の形に組み合わせてあります。

これも巨大な天然秋田杉がなければできなかった空間で、まさに圧巻です。

秋田杉の魅力をたっぷり感じられるこの旧料亭金勇は、ほかにも様々な木を使った美しい和室が数多くあり、最低1時間はじっくりと時間をかけて見たいところです。

能代市が管理している公共の建物なので、入場はなんと無料!ですが、一人200円でガイドさんに詳しい解説をお願いするのがおすすめです。

■能代市旧料亭金勇HP:http://www.kaneyu.jp

日本一高い秋田杉に会える!天然記念物の森(能代市)

秋田杉という木材の魅力を存分に味わったところで、いよいよ秋田杉の森へ行ってみましょう!

よく知られた森が、旧料亭金勇と同じ能代市内にあります。

それが、「仁鮒水沢スギ植物群落保護林」(能代市二ツ井町田代字田代沢国有林)です。

旧料亭金勇から、山間部へ進むこと車で約1時間。

ここは日本一高い秋田杉の「きみまち杉」があることで有名な国有林です。

駐車場から100mの森に入ると、さっそく天然秋田杉の巨木がたくさん生えています。

ここには樹齢180~300年の秋田杉の森が18haにわたり広がっていて、秋田県天然記念物に指定されています。

林内には遊歩道が整備されていて歩きやすく、観光もしやすい森です。

特に大きくて特徴的な杉には名前がつけられているので、看板をチェックしてみましょう。

お目当ての「きみまち杉」へのルートには標識もあってわかりやすいです。

秋田杉は、他の地域の杉に比べてまっすぐ伸びて背が高いのが特徴です。何百本もの巨木が林立する様は、ほんとうに圧倒的です。

お気に入りの巨木のそばで写真を撮ったり、森の香りをかいだり、ゆっくりと時間を過ごしましょう。

ここがまさに、日本三大美林なのです!

■仁鮒水沢スギ植物群落保護林(林野庁HP):http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/sidou/hogorin/nibuna_mizusawa.html

「コブ杉」と「国立科学博物館に行った秋田杉」の森(上小阿仁村)

まだまだ秋田杉を見たりないという方には、もう一つ、おすすめの森があります。

それが、能代市のお隣・上小阿仁村にある「上大内沢自然観察教育林」(上小阿仁村大林字上大内沢)です。

ここはキャンプ場に隣接していて、車さえあればアクセスがよく、観光スポットとしても行きやすい森です。

先ほどの仁鮒水沢スギ植物群落保護林から、山道を車で1時間ほど走って辿り着きます。

約3.8haの森の中には、樹齢約250年の天然秋田杉が700本も立ち並んでいます。

中でも異彩を放っているのが、通称「コブ杉」。

幹の途中に大きなコブができていて、なんだかパワーを感じてしまうとっても不思議な形をしています。

そしてもう一つ、東京上野の国立科学博物館に展示されている秋田杉の切り株が、この森に残されています。

国立科学博物館では、輪切りにされた秋田杉の標本とともに、伐採した時の動画が見られますので、もしも上野に行ったときには、ぜひ見てみてくださいね。

この森は、さきほどの「仁鮒水沢スギ植物群落保護林」より広さは小さいですが、見渡す限りに秋田杉が生えているので、見た目はこちらの方が迫力があるかもしれません。

ちょっとしたベンチも設置されているので、気候がよいときにはピクニック気分で楽しめそうです。

散策ルートに沿って一周しながら、大迫力の森の風景を味わいましょう。

温泉、美酒、馬肉も秋田杉観光のお楽しみ!

秋田杉の森を歩いたら、山深い地域ならではの観光も楽しみましょう。

秋田の観光といえば、思い浮かぶのはやっぱり「温泉」ですよね。

有名どころでなくても、秋田県内には至る所に地元の人に愛されている小さな日帰り温泉があるので、見つけたらぜひ立ち寄ってみましょう。

また、「美酒王国秋田」というキャンペーンがあるほど、秋田県には酒蔵がとてもたくさんあります。

最近では若い杜氏たちが新しい味、おしゃれなパッケージなどで次々と美味しいお酒を生み出しています。

秋田観光のお土産に、お気に入りの日本酒を買って帰るのもいいでしょう。

そして、さきほどご紹介した「上大内沢自然観察教育林」がある上小阿仁村のグルメといえば、珍しい「馬肉」が知られています。

休憩スポットである「道の駅かみこあに」に立ち寄ったら、フードコートがおすすめです。

いくつかの食堂がカウンターを構えていて、馬肉を使った定食屋一品料理が楽しめますので、ぜひここで野趣あふれる美味を堪能しましょう!

そのほか、きりたんぽやハタハタなど、秋田県のグルメは盛りだくさんですので、どれを味わうか迷ってしまいそうですね!

■美酒王国秋田:http://www.osake.or.jp/
■道の駅かみこあに:http://www.michinoeki-kamikoani.jp/

秋田市内で、秋田杉の夜景絶景を観光!?(秋田市)

ここまで、有名な観光スポットを紹介してきました。

最後にご紹介したいのは、交通の要所である秋田駅(秋田市)です。

え、ここで秋田杉?と思うかもしれませんが、秋田空港に負けず、秋田杉をふんだんに使った建築物でひそかに知られています。

たとえば、木造のバスターミナル。

特に、夜になると照明で浮かび上がり、木の美しさがよりいっそう際立ちます。

また、最近リニューアルされた秋田駅構内ものぞいてみましょう。

秋田杉のルーバーが続くお店のファザードや、通路に設置された秋田杉のベンチやオブジェ。

待合室には、さまざまなデザインの杉やその他の木を使った家具が並べられていて、ゆったりと電車を待つことができるようになっています。

現代の暮らしに秋田杉を使った、公共スペースにも木のぬくもりがあふれる、個性的であたたかみがあるデザインを見ることができますよ。

ちなみに、秋田駅前にあるOPAの店内にも秋田杉がおしゃれに使われています。

せっかくなら秋田杉の空間でショッピングをして、秋田美人に近づけるかも!?

まとめ:秋田杉王国、秋田で充実のモリップを!

秋田県には、秋田杉に出会えるすてきな観光スポットがたくさんありました。

迫力ある天然秋田杉の森、伝統的な建築、そして現代の空間に使われている秋田杉まで幅広く見ることができます。

充実の秋田杉モリップを、ぜひ楽しんでください!!

この記事の編集者

モリップ編集部 MORiP!

モリップ編集部 MORiP!

MORiP!を運営する編集部のメンバーたちが、選りすぐりの情報をお届けします。あちこちに散らばる森や木についての基礎知識をわかりやすくまとめることを目指しています。編集部みんなで実際に行ってきた森旅もご紹介しています。

WEB SITE : http://moripmorip.jp

 - おすすめ森旅スポット, プレミアムな木材, 木の物語, 森旅(モリップ) , , , , ,