旅する森と、木の暮らし。

旅する森と、木の暮らし。│MORiP!

ヒノキ(桧):知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

,

2017.10.26

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。

今回は、日本建築には欠かせない針葉樹「ヒノキ」をご紹介します。

「桧風呂」、「桧舞台」といった利用シーンから高級なイメージのあるヒノキは、戦後に日本国内で多く植林され資源が豊富になったため、より身近な木材になってきています。

ヒノキの生態や用途などの特徴、その木材が私たちの暮らしの中でどのように活躍しているのかをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

無垢材と新建材の違いは?フローリングで比較してみました

私たちが毎日生活する床の上。日本の場合は、家の中では靴を脱いで生活することが多いので、素足で直接床に...

カラマツ:知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、日本で唯一の落葉する針葉樹「...

木材に表裏があるって知ってた?~木表と木裏のはなし~

突然ですが、木材にはオモテとウラがあるって知ってますか? 普段生活していても気が付かない、建築...

スギ(杉):知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、日本で最も多く植林され、最も...

高野山の林業を代表する「高野六木」とは

日本のブランド木材には、○○杉といった1つの樹種だけでなく、地域を代表するいくつかの樹種がセットで地...

針葉樹と広葉樹の違いって何?森から木材まで比べてみました

木材の種類には「針葉樹」と「広葉樹」があるのはご存知ですか? 針葉樹と広葉樹は、いったい何が違...

木目の種類:柾目・板目・木口を、バウムクーヘンで学ぼう

木目の種類、「柾目」「板目」「木口」って聞いたことがありますか? 丸太をどのように製材したらど...

木材の「赤身」と「白太」って何?その違いとは

木材の部位には「赤身」と「白太」があるって聞いたことありますか? 赤身と白太とは、何が違うので...

魚梁瀬杉の巨木たちに会う:高知県馬路村「千本山」の旅

秋田杉、吉野杉と並んで”日本三大杉美林”とされる、高知県の「魚梁瀬杉(やなせすぎ)」。 天然魚...

最近話題の「森林認証」って何?その種類や目的とは

東京オリンピックやエシカル消費のシーンで話題になっている「森林認証」というキーワード。 聞いた...

ミズナラとコナラ:知っておきたい日本の木材~特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、広葉樹の中でも身近に利用され...

銘木「吉野杉」の木材としての特徴とは?

日本三大人工美林の中でも最も古く500年の歴史を持つとされる「吉野杉」。 建築のプロもエンドユ...

ヒバ:知っておきたい日本の木材~その特徴と物語~

日本人なら知っておきたい日本の木材をご紹介するシリーズ。 今回は、日本の木材の中でも特に耐久性...

木の産地ってどこ?都道府県別に見てみよう

野菜や果物の産地、漁獲高の高い港など、農業や漁業の「産地」って何となくイメージがありますよね。 ...

石見銀山と地松を巡る旅in島根県大田市

2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」としてユネスコ世界文化遺産に登録された、島根県大田市にあ...

スポンサーリンク

司馬遼太郎が乙女の肌と評した木材

作家・司馬遼太郎は、著書「この国のかたち」第二巻の最終章「スギ・ヒノキ」の中で、こう述べています。

日本建築史は、スギ(杉)とヒノキ(檜)の壮麗な歴史でもある。

スギ・ヒノキは、共通して柾目(木目)がとおって美しい。

また白木の肌が赤ばんで心をなごませ、ともに芳香を放つということでも、用材としての個性は他の木とくらべものにならない。

『この国のかたち二』(司馬遼太郎、文春文庫・1993年10月9日発行)

伊勢には、古代、太陽信仰があったといわれている。

これはあくまでも私的な想像だが、太陽へのおどろきは日ごとの再生にあり、また冬に衰え、春によみがえることも神秘的であったろう。

二十年ごとの遷宮はたぶん太陽を象徴する行事であるかと思えるし、またそれを象徴する材としては、なによりもヒノキであらねばならない。

ナラやカシでは乙女の肌のような若やぎがない。

『この国のかたち二』(司馬遼太郎、文春文庫・1993年10月9日発行)

このように、ヒノキはその建築用材としての強度のみならず、「乙女の肌のような」美しい特徴ゆえに、昔から神殿には欠かせない木材でした。

日本人の精神を象徴する建物がヒノキでできていることから、ヒノキの木肌は、私たちの心のかたち、優しさや生命力を表す木なのかもしれませんね。

宮大工棟梁が絶賛する木材、ヒノキ

日本が誇る世界最古の木造建築物、法隆寺に使われた主な木材もヒノキです。

法隆寺や薬師寺などを手掛けた「最後の宮大工」と言われる西岡常一棟梁が、著書「木のいのち木のこころ」で、ヒノキの木材について絶賛し、日本人とのかかわりの深さを語っています。

檜はいい材です。

湿気に強いし、品がいい、香もいい、それでいて細工がしやすい。

法隆寺には千三百年も前の檜がありますが、今でも立派に建っていますし、鉋(かんな)をかけてやりますと、今でもいい香りがしますのや。

『木のいのち木のこころ<天・地・人>』(西岡常一、小川三夫、塩野米松、新潮文庫・平成17年8月1日発行)

宮大工が木といいましたら檜です。

この檜があったからこそ日本に木造建築が育ち、世界最古の建造物を残すことができましたんや。

『木のいのち木のこころ<天・地・人>』(西岡常一、小川三夫、塩野米松、新潮文庫・平成17年8月1日発行)

ヒノキの木材の特徴は、そのまま日本建築の性質とリンクしているのかもしれません。

世界のヒノキとその特徴

「ヒノキ」という名前の由来は火を起こす時に使った「火の木」ともいわれ、適度な油分があります。

ヒノキは日本各地に自生する針葉樹で、真っすぐに育つ高木です。

ヒノキ科ヒノキ属の木は世界に6種類あると言われており、その中で日本のヒノキ(Chamaecyparis obtusa)とサワラ(Chamaecyparis pisifera)は日本固有種です。

日本以外では台湾に自生するいわゆる台湾桧=タイワンベニヒノキ[紅檜]( Chamaecyparis formosensis)、タイワンヒノキ[台灣扁柏](Chamaecyparis taiwanensis)が有名で、今も台湾の山奥では2千年クラスの巨木の森を見ることができます。

台湾桧は日本統治時代に輸入され、明治神宮の鳥居などに使われています。

ほか、北米に2種類のヒノキ属が生育しています。

ヒノキの木材は、その香りのよさや白く清潔感のある見た目などの特徴から、近年では日本のみならずアジア圏で人気が出て日本からの輸出も行われています。

ヒノキは韓国や中国には自生しておらず、また台湾桧は現在伐採が禁止されていることから、日本のヒノキは世界から求められている貴重な資源といえるかもしれません。

ヒノキの木材の産地は?ばらつきが少ない優等生

ヒノキは人工林として日本国内で戦後に多く植林され、スギに次いで第二位の植林面積(約260万ha)を誇ります。

耐雪性が高くないので北限は福島県あたりと言われています。

著名な産地としては、天然林では日本三大美林の「木曽桧」(長野県~岐阜県)があり、数百年生の年輪が非常に緻密な木材が、伊勢神宮式年遷宮の用材などに用いられています。

また、人工林では、日本三大人工美林の「尾鷲桧」(三重県)があり、戦後に加工流通ブランドとして確立されたものには「東濃桧」(岐阜県)、「美作桧」(岡山県)、「久万桧」(愛媛県)などがあります。

スギと比べて生育環境や品種による差異が少ないのが特徴で、どの地域に植えても一定の品質に育つ優等生です。

平成26年の素材生産量(収穫された丸太の量)を見てみると、日本全体の生産量239万5千立米のうち、第1位は岡山県で23万5千立米であり、第2位が高知県の22万8千立米、第3位が愛媛県の19万8千立米です。

次いで、熊本県19万5千立米、大分県15万9千立米、岐阜県14万5千立米となっています。

ヒノキ人工林の面積は、第1位が高知県21万7千ha、第2位岐阜県20万9千ha、第3位静岡県14万2千ha(平成24年)となっています。

(林野庁統計情報を参照)

ヒノキを使った空間の特徴は?

ヒノキ材は、一般的にスギよりも強度があり、見た目は白っぽく、心材がピンク~黄色を帯び芳香が優れているのが特徴です。

柱など住宅の構造材によく使われる他、フローリングや羽目板などの内装材にも使われています。

清潔感があり、神社やお寺などの神聖な空間には欠かせません。

また、昔から大名屋敷やお金持ちの家もすべてヒノキで作る「桧普請(ひのきぶしん)」が重宝されました。

本格的な和室の柱などには、節のないヒノキ材が用いられます。

このように和風建築には欠かせない雰囲気を持つヒノキですが、シンプルな見た目から、ナチュラルな内装や洋室にもよく合います。

節がないものは高級感があり、節があるとより自然で親しみやすい雰囲気になります。

最初は白っぽく見えるヒノキの木材も時間が経つとだんだんと日焼けして黄色っぽく色づいていき、飴色に変化します。

ヒノキの白いキャンバスに絵を描いていくように自由な空間づくりができるでしょう。

■参考:ききしず「Ur」:http://www.kikisiz.jp/project/ur_index.php

最近は家具にも人気!白くて軽いのが特徴のヒノキ材

ヒノキが、大工道具が発達していない昔から使われてきたということは、それだけ加工しやすい木であったということでしょう。

まっすぐ育ち直材が取りやすいことももちろんですが、適度な硬さとやわらかさを兼ね備えていて、割ったり切ったりしやすく、広葉樹などに比べて軽いことも重宝された理由の一つでしょう。

そんなヒノキの特徴や価値が見直され、最近では家具にも使われています。

欧米でその文化が発達した家具の世界では、広葉樹が使われるのが一般的でしたが、手に入りやすい国産木材としてヒノキの家具や学習机などが開発されています。

女性やお年寄りでも持ち運びがしやすい軽さや、そのきわだつ白さで空間を明るくする効果もありそうです。

ヒノキは、ますます私たちの暮らしにとって身近になってきているようですね。

ヒノキは葉や樹皮も使えるのが特徴

ヒノキの葉っぱはうろこ状に小さな葉が集まってできていて、扁平に枝につきます。

葉の裏面の白く見える気孔がアルファベットの「Y」の字に見えることから、よく似たアスナロやヒバと見分けることができます。

この葉っぱには精油が含まれており、ヒノキ特有のよい香りがします。

また、抗菌作用もあるとされるので、生鮮食品の下に敷いて使われているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

最近ではヒノキの葉から抽出したアロマオイルも商品化されています。

また、樹皮は「檜皮葺(ひわだぶき)」として神社仏閣などの屋根の材料に使われています。

生きている高樹齢のヒノキの立木から、専門的な技術を持った職人が皮を丁寧にむいたものが檜皮になります。

何層にも重ねた檜皮葺の屋根は重厚感とやさしさを兼ね備え、雨にしっとり濡れて照り輝く風情も美しいものです。

ヒノキは木材だけでなく、葉や樹皮も色々な形で利用されているのが特徴です。

まとめ:ヒノキはあこがれと癒しの木材

日本固有種のヒノキは、日本建築の礎である高級木材の代名詞として、そして身近な木材として、私たちの暮らしの中で様々な形で活躍してきました。

また、その乙女のようなやさしい木肌と香りが触れる人の心を癒し、愛されてきた木材です。

ヒノキと聞いて、あこがれや癒しをイメージする人も多いのではないでしょうか。

その使い方や関わり方はアイデア次第で無限大とも言えそうですね。

この記事の編集者

モリップ編集部 MORiP!

モリップ編集部 MORiP!

MORiP!を運営する編集部のメンバーたちが、選りすぐりの情報をお届けします。あちこちに散らばる森や木についての基礎知識をわかりやすくまとめることを目指しています。編集部みんなで実際に行ってきた森旅もご紹介しています。

WEB SITE : http://moripmorip.jp

 - 木の物語, 知っておきたい日本の木材 ,